人と環境にやさしい交通をめざす全国大会
in 上田

2024年3月16日・17日開催


エクスカーション

3月16日に開催。詳細はこちらより

研究発表大会

3月17日に開催。詳細はこちらより

市民フォーラム(上田リバース会議)

上田市での活動をシンポジウムでお伝えします。

再エネ×別所線

上田市は、再エネと公共交通の相互連携をテーマに脱炭素先行地域に選定されました。

全国大会のあゆみ

人と環境にやさしい全国大会の今までの歩みはこちらです。宇都宮市でのLRTの新設など多くの成果が生まれてきました。

人と環境にやさしい交通をめざす全国大会 in 上田

おかげさまで200名以上のかたにお集まりいただき、盛大に開催されました。

ご協力、ご参加いただいた皆様に深く感謝いたします。

 なお、今大会の論集(2,000円/冊 送料込)の購入をご希望の方は、
以下の連絡先までお問い合わせください。
 ご連絡先:人と環境にやさしい交通をめざす協議会 論集編集委員会

 メールアドレス ⇒ [email protected]


ーーーーーー
長野県上田市で2024年3月16日、17日に開催しました。

【開催場所】 信州大学繊維学部キャンパス

 〒386-8567 長野県上田市常田 3-15-1

【大会テーマ】 「市民参画とゼロカーボンde交通まちづくり@上田」

エクスカーション(関連イベント)

「上田電鉄別所線の復興した赤い橋&上田城お堀の廃線跡をめぐって」
2024年3月16日(土)受付開始:13:30(出発時間:13:55)〜16:30【上田電鉄別所線 上田駅改札集合】(定員40名)
参加費1,000円 当日お支払いください。
申し込みは締め切っております。

ミニ交流会  

3月16日(土)17:00~19:00 (定員30名。事前申込制:3月3日(日)まで) 

参加費 4,000 円 当日お支払いください。
申し込みは締め切っております。

研究発表大会

プログラム発表!ここをクリックしてご覧ください。
(テーマ別セッション)
2024年3月17日(日)9:30〜12:30【信州大学繊維学部・講義棟】
申し込みは締め切っております。

市民フォーラム(上田リバース会議)

上田市と長野県との取り組み「市民参画とゼロカーボン de 交通まちづくり@上田」
2024年3月17日(日)13:30〜16:30【信州大学繊維学部 講堂】
申し込みは締め切っております。

【事例発表、基調講演、パネルディスカッション】
基調講演「公共交通が変われば、まちが変わる 〜バス利用者が3倍に増えた栃木県小山市の実践〜」
淺見知秀さん(元小山市都市整備部長、現みちのりホールディングスディレクター)

パネリスト
阿部守一さん(長野県知事)
土屋陽一さん(上田市長)
國枝聡さん(上田電鉄株式会社常務取締役)
新井アンジさん(長野県上田染谷丘高校・前生徒会長)
淺見知秀さん
藤川まゆみ(上田ビジョン研究会)
コーディネーター
宇都宮浄人さん(関西大学経済学部教授)

事例発表「上田の課題と交通をデータから見る」上田ビジョン研究会 
事例発表「上田市が採択された環境省脱炭素先行地域」上田市環境政策課 

交流会 

3月17日 17:00~19:00 (定員80名。事前申込制:3月3日(日)まで)

参加費  5,000 円
申し込みは締め切っております。

申込フォーム:https://forms.gle/FF14ZjykQqzs569B7


【開催主旨(実行委員長から)】
人口減少・高齢化/インフラ老朽化/スプロール化・スポンジ化する上田を持続可能にするために、2020年から市民・行政・事業者・金融機関・議員が参加し、垣根を越えて対話する、「上田リバース会議」を開催してきました。その中で、公共交通は持続可能なまちづくりの重要な鍵であるという結論に至りました。上田市は別所線、しなの鉄道、新幹線、上田バス、千曲バス、タクシー、市営コミュニティバス、デマンド交通など、多様な公共交通が交差するまちです。
 ところが市民の移動は自家用車が圧倒的に多い状況です。上田市内の高校生の56.7%が家族の車の送迎で通学しているというデータもあります。脱炭素の面からも、道路などのインフラ維持の面からも、自家用車の利用機会を減らし、公共交通への転換が望まれます。アンケート結果によると上田市民の最大の不安は「車の運転ができなくなり移動手段が確保できなくなること」です。さて、市民も主体的に参画しつつ、どのように公共交通への転換を進めていけばよいでしょうか。
 この度、「人と環境にやさしい交通をめざす全国大会」を開催することとなりました。この会は2005年宇都宮大会を皮切りに、人と環境にやさしい交通まちづくりを実現するために、市民、事業者、専門家、行政関係者等の幅広い分野の人々が全国から集まり、意見・情報交換、交流をはかるもので、これまでに10回開催されています。おりしも、2023年11月に「交通まちづくり」を主軸とした事業で環境省脱炭素先行地域に選定された長野県上田市で第11回を開催します。一緒に「人と環境にやさしい交通まちづくり」について考えましょう。

実行委員長

高橋伸英(信州大学繊維学部・上田ビジョン研究会)


【主 催】 「第11回 人と環境にやさしい交通をめざす全国大会 in 上田」 実行委員会
構成団体
 ・上田ビジョン研究会
  ・(NPO法人)上田市民エネルギー
  ・(一般社団法人)自然エネルギー共同設置推進機構(NECO)
  ・人と環境にやさしい交通をめざす協議会

【実行委員長】 高橋伸英 信州大学繊維学部教授

【共 催】 上田市
【後 援】 国土交通省 環境省 長野県 上田商工会議所 信州大学繊維学部 公社)長野県建築士会上小支部 NPO法人リベルテ 自然エネルギー信州ネット
【協 賛】 上田バス株式会社 日置電機株式会社 株式会社ガリレオ 株式会社はたらクリエイト (特非)エコエネルギーによる地域交通システム推進協会(AREEV) 新交通システム推進議員連盟(LRT推進議連) 全国路面軌道連絡協議会 (一財)地域公共交通総合研究所 (公社)日本交通計画協会 東洋システム(株) (株)エヌエフ回路設計ブロック (株)CRI・ミドルウェア


このイベントは、2023年度地球環境基金、パタゴニア環境活動助成金も活用して開催されます。

◎今までの全国大会のご案内:http://www.yasashii-transport.net/

このイベントは、2023年度地球環境基金、パタゴニア環境活動助成金も活用して開催されます。

主催

上田ビジョン研究会、上田市民エネルギー、NECO、人と環境にやさしい交通をめざす協議会

取り組み

上田市では交通まちづくりをテーマに、市民の活動が盛んです。